トップ > ぽっぽ通信 > VOL.14 ・ブドウ糖とケトン体&・脂肪燃焼と呼吸

VOL.14 ・ブドウ糖とケトン体&・脂肪燃焼と呼吸

すぐ実践!体脂肪を減らす4つのポイントとは?!

呼吸と体の仕組み。 一番忘れがちで一番大切な健康への道

「身体についた脂肪のほとんどは、息を吐く時に一緒に吐き出されていることが判明した」
そんなオーストラリアの大学の研究結果を見つけました。

体脂肪は同エネルギーとして消費されるのか?ですが、脂肪を燃やすためには酸素が必要です。
「例えば人が10kgの脂肪を燃やしたいとすると、酸化(燃焼)に必要なおよそ29kgの酸素を吸い込まなければならない。曽於結果として28kgの二酸化炭素と11kgの水が生成される」
…何がどうなってそういう数字になるのかはさっぱりですが、

体脂肪を減らしたい!という人は、質の良い「呼吸」がとても大事だということはお分かりいただけるでしょうか。

そんな大事な呼吸ですが、
「呼吸は浅いと思います・・・」
「すぐ息があがるので、体を動かすのは苦手で・・・」
という人、結構多いですね。
どうも普段の動きを省エネにしすぎて、呼吸筋の筋力が衰えてしまった(うまく機能していない)ようです。

呼吸が浅くて下腹ポッコリな人は、一番大事な呼吸筋である「横隔膜」が弱って固まっていることが多いですよ。

整体の際に、「呼吸が浅いんです」と一言いただければ、呼吸筋のコリを取り除き、質の良い呼吸ができるよう調整します。ぜひお声掛けください。

(ぽっぽ通信VOL.14より抜粋)

ぽっぽ通信vol.14−1

ぽっぽ通信vol.14−1

ぽっぽ通信vol.14−2

ぽっぽ通信vol.14−2